• HOME
  • 起業
  • 弁理士独立のポイントは?弁理士の独立を失敗させない為の注意点

弁理士の独立

この記事は、「弁理士としての独立(特許事務所の開設)」を考えている方に向けた解説記事となります。弁理士としての独立を失敗させたくない方は、ぜひ、ご一読下さい。

※独立したばかりで、未だ安定した運営が実現できていない特許事務所(弁理士事務所)の所長や代表の方にも参考にして頂ける内容となっております。

弁理士の独立を成功させる事は難しいのか

この記事をお読みの方がお知りになりたい事の一つは、「弁理士としての独立は難しいのか?」という事でしょう。

結論から申し上げれば、「貴方の仕事のタイプに合った準備が出来れば、独立を成功させる事は難しくはない」という事になります。

逆に言えば、「弁理士の資格が取れたから、大丈夫」といった考え方で独立した場合には、成功は厳しいと理解して下さい。何も考えずに独立して成功できるほど、これから独立する弁理士が置かれた環境は甘くありません。

独立する弁理士が理解しておくべき内容については、この後、解説を続けます。

弁理士が独立するにあたって知っておくべき事

弁理士が扱う業務の特徴

まず、独立する弁理士は、「弁理士の業務の特徴」として、以下の2点を絶対に忘れてはいけません。

・弁理士に依頼しないといけない業務はない

・弁理士業務に関する費用負担は、多くの依頼人にとって重すぎる

説明を読んで、「弁理士にも専権業務がある」と思われた方もいらっしゃる事でしょう。それは、その通りです。

しかし、改めて、他の士業と比べてみて下さい。税務申告は必須であり、適切な税務処理を行わなければ大変な事になります。訴訟に巻き込まれた場合、放置する訳にはいかないでしょう。

しかし、弁理士に依頼する業務というのは、「自分の権利の為に、行った方が良い」という範囲を出ません。必ずしも、弁理士に仕事を依頼する必要はないのです。

そして、開業前の弁理士が実感するのは難しいかもしれませんが、「弁理士が扱う業務に関する費用負担は、多くの依頼人にとって重すぎる」のです。

実際、弁理士の無料相談などに従事した経験者からは、「関心を持つ人は多いが、実際に金額を聞くと、諦める人が多い」といった話を伺います。

弁理士の仕事環境(マーケット)

勿論、「知財で稼ぐ」という体制が出来ている企業であれば、知財に関する費用は必要経費として予算化されています。しかし、そのような企業は多いとは言えません。また、新規顧客の獲得については、「既に競争が激しい」という状況が生まれています。

ですから、「これから独立する弁理士でも、簡単に仕事を獲得できる」とは考えない事をお勧めします。

良く、弁理士について、「これからの時代は知的財産が重要であり、弁理士は、その活用を担う大事な専門職である」といった説明(資格の魅力についてのアピール)を耳にする事があります。しかし、その説明を鵜呑みにはしないで下さい。

弁理士の存在意義や重要性については、その通りなのですが、「弁理士が重要な役割を担っている」という事と、「弁理士に仕事が実際にある」という事は、全く別の話です。これから独立する人は、「弁理士としての仕事を獲得する難易度」を甘くは考えないようにして下さい。

弁理士の仕事のタイプを意識する重要性

そして、独立するのであれば、「弁理士の仕事のタイプ」を意識するようにして下さい。

弁理士の仕事のタイプとは

独立前の弁理士が「弁理士の仕事のタイプ」と言われて思い浮かぶのは、「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」といった分類かもしれません。または、「専権業務(独占業務)」と「専権業務以外」の分類を思い浮かべる方もいらっしゃる事でしょう。

これらは、重要な分類ではありますが、「独立を成功させる」という目的の為に意識すべき分類とは異なります。

弁理士が「独立を成功させる」という目的の為に意識すべき仕事の分類は、主に「依頼人(クライアント)の特徴による分類」です。具体的には、以下のような分類を意識するべきです。

・高い弁理士能力を求めるクライアントからの仕事かどうか

・定期的に(継続的に)依頼をするクライアントからの仕事かどうか

・積極的な顧客獲得行動によって獲得するクライアントからの仕事かどうか

全てのタイプの仕事をする弁理士を目指すべきではない理由

独立にあたって、「あらゆるタイプの仕事をすれば良い」と考えている方もいらっしゃる事でしょう。しかし、「仕事を獲得する為に必要なこと」は、クライアントのタイプによって異なります。

そして、全てのタイプに向けた準備を最初から行う事は困難です。

ですから、自分が「どのようなスタイルで特許事務所の運営を安定させていくのか」という事は、事前に決めておくべきなのです。そして、自分のタイプに合った準備をする事が、弁理士としての独立を成功させる上では非常に重要です。

弁理士の独立を成功させる為に必要なこと

次に、クライアントのタイプごとに、「貴方が成功する為に必要なこと」をまとめます。

高い弁理士能力が求められるクライアント向け

「高い能力が求められる仕事を依頼するクライアント」で、かつ、「継続的に依頼があるクライアント」を一定数獲得出来れば、貴方の独立は成功したも同然です。

「そのクライアントの発注量」と「貴方が目指す事務所の大きさ」によって、「どの程度の数のクライアントが必要なのか」は異なりますが、クライアントの数は1社だけでも十分に事務所の運営が安定するケースすらあります。

問題は、「そのクライアントに選び続けて貰えるだけの実力が貴方にあるのか」という事だけです。

このようなタイプのクライアントは、クライアントの側でも依頼する弁理士の能力を入念に確認します。ですから、貴方に実力があり、そのことをクライアントに納得させる事が出来るのであれば、その他の事はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

ただし、独立してからクライアントを探すのはリスクが大きすぎますので、核となるクライアントは確保してから独立するようにして下さい。また、独立後も、自分の弁理士としての能力を磨き、他の特許事務所に負けない結果を出し続ける事は意識するようにして下さい。

継続的に難易度の低い依頼があるクライアント向け

難易度の低い依頼を継続的に出してくれるクライアントとの関係を中心とした事務所運営を考えている方もいらっしゃる事でしょう。一定以上の規模のある会社の商標管理などが、このタイプに該当します。

「難易度の低い仕事」であっても、「継続的に依頼をしてくれるクライアント」が確保出来れば、事務所の運営は安定します。そして、そのような仕事は失敗するリスクも低いと言えます。

ただし、そのような依頼については、クライアントの側でも、「自分が頼んでいる仕事は、他の事務所でも出来る仕事である」という事を理解しています。この為、何かご機嫌を損ねるような事があると、簡単に他の事務所に仕事を取られてしまう事になります。

ですから、このようなタイプのクライアントを中心としていくのであれば、「クライアントとの関係を維持する」という能力が問われます。勿論、独立後も、顧客との関係を維持する為の努力を怠らないようにして下さい。

積極的な顧客獲得行動によって獲得したクライアント向け

貴方が新規顧客を次々と獲得するような事務所運営を考えているのであれば、その「新規顧客開拓の成否」が成功を左右します。

この場合、「自分の事務所を見つけてもらう」、そして、「他の事務所ではなく、自分の所に依頼してもらう」という事を達成する為の能力が貴方には求められます。

なお、その為に求められる能力とは、一般企業の事業運営で求められる能力に近いものです。その事は理解しておくようにして下さい。

その一方、新規顧客を獲得する能力さえあれば、自分が得意とする方向性に合ったクライアントを獲得すれば良いので、成功はしやすいと言えます。

弁理士が独立を失敗させない為のアドバイス

独立が失敗する理由と事前チェックの必要性

もうお解りだと思いますが、独立した弁理士が失敗するのは、「自分の仕事のタイプに合った準備が出来ていないのに、独立してしまった」という理由によるものです。

独立を成功させたければ、「貴方のタイプに合った準備」を独立する前にしておく事です。そして、「準備が十分に終わっているかどうか」を独立前にチェックしておくべきです。それが、貴方を独立後の失敗から救います。

失敗しない為には、まず、「獲得できる目処のあるクライアントからの収入だけで、事務所が運営していけるのかどうか」という点について、シミュレーションをしておくようにして下さい(数字の作業が苦手な方は、得意な人にシミュレーションを頼むようにして下さい)。

当たり前の事ですが、そのシミュレーション結果に問題がなく、そして、そのシミュレーション通りに独立できれば、貴方の独立は失敗しません。独立後は事業を伸ばした分だけ、貴方は更に成功していける事になります。

また、貴方が新規顧客を次々と獲得するビジネスを考えている場合には、「貴方の顧客獲得に関するビジネス能力」についてのチェックも受けておくべきです。

貴方がビジネスの専門家でもある場合は別ですが、それ以外の場合には、「自分の顧客獲得能力(主に、集客・マーケティングに関する能力)」についての判定を自分で行うのは難しいはずです。その場合には、そのような分野に詳しい人に相談して、判定をして貰うようにして下さい。

魅力ある弁理士になる為に必要な顧客視点

最後に、もう一点、これから独立する弁理士に知っておいて頂きたい事があります。

当社では企業に経営支援を行っている関係で、経営者の方から「弁理士について思っている事(本音での評価)」を聞く機会があります。その際、「弁理士に、会社(経営)側の事情を十分に理解して貰えない」といった声(評価)を聞く事が多いのです。

勿論、企業にとって、結果を出してくれる弁理士は有り難いものです。ですから、そのような評価を受けていたとしても、高い専門能力を必要としている企業から依頼を受けている弁理士が、簡単に仕事を失うような事にはならないでしょう。

しかし、そのような企業以外からの依頼を受けている弁理士については、そのような評価は、「今後、依頼先を変えられてしまう(クライアントを失う)」という事に繋がると理解すべきです。

もっとも、この事は、これから独立する弁理士にとっては、「経営者に気に入って貰えれば、新しいクライアントを獲得出来る可能性がある」という事でもあります。

ですから、これから独立する弁理士は、専門能力向上に努めるのは当然ですが、顧客満足度を高める為に、「クライアントの経営者の事を良く理解したサービスが提供出来るようになる」という事も意識して頂きたいと思います。

そして、その為に、専門能力以外の面(主に、経営者の専門領域への理解)についてのスキルアップにも努めるようにして下さい。

なお、弁理士以外の専門分野についての学習方法が解らない場合には、関連する専門家への相談もお勧め出来ます(この記事でお勧めしている独立前の準備やスキルアップについては、当社でも相談を承っております)。

関連記事一覧