• HOME
  • 起業
  • ファイナンシャルプランナー(FP)が独立開業を成功させる為のポイント

FPの独立・開業

この記事では、ファイナンシャルプランナー(FP)として独立・開業する事を考えている貴方が知っておくべき内容について解説します。

貴方はFPとして独立開業するべきなのか

最初にお断りしておかなければならないのですが、日本において、典型的なファイナンシャルプランナーという仕事は、決して大金を稼ぎやすい職業ではありません。ですから、他にやりたい仕事(職種)があるのであれば、FPでの開業にはこだわらない事をお勧めします。

しかし、この記事を読んでいる貴方は、「FPとして独立開業する」という事を真剣に検討している最中なのでしょう。

もし、そうなのであれば、開業する前に、「他の人の人生の夢や目標をサポートする事に、貴方は達成感や生き甲斐を感じられるのか?」という事だけは、しっかりと考えておくようにして下さい。

この後すぐ取り上げますが、この点は「FPとしての仕事のやりがい」と直結します。ですから、この点が怪しいのであれば、「FPとしての独立開業」はお勧め出来ません。

先に独立開業したFPが感じているやりがいとは

「FP資格を取得する事にした理由」や「FPとして独立開業する事を決めた理由」は人によって様々です。しかし、「FPとして独立開業して良かったと感じている点」は、多くのFPで共通しています。

それは、「顧客の人生をプラスに出来ている実感がある」という事です。

特に、これまで、企業系FPと呼ばれるような立場で活動してきた人の場合、「独立する事で、本当に自分がやりたかった提案が顧客に出来るようになった」と感じる人も多いようです。

先に独立開業したFPが苦労している点とは

その一方、独立開業したFPが苦労しているポイントは、「集客」と「課金」の2点です。

FPサービスを潜在的に求めている人は多いはずです。しかし、そういった潜在的な顧客に「自分自身の存在を知って貰う」という事、そして、「お金を払って相談して貰う」という事は容易な事ではありません。

ビジネスの立ち上げに詳しくない人は、「独立開業すれば、次々に顧客から連絡がある」と安易に考えてしまうかもしれません。

しかし、潜在顧客が貴方を見つける事は決して簡単な事ではないのです。ですから、貴方に特別な集客スキルがあるのでない限り、そのように甘く考えるべきではありません。

また、今は多くの情報がネットに溢れている時代です。この為、少し検索すれば、多くの質問に対する答えはネット上で見つける事が出来ます。

FPの貴方からすれば、そのような情報の信頼性には疑問があるかもしれません。しかし、それで満足してしまい、「FPにお金を払って相談しよう」とは考えない人も多いのです。

※開業しているFPの収入水準については、調査結果があります。独立後の収入について関心がある方は、当社までお問い合わせ下さい。

FPとしての独立開業が失敗する人の特徴

FPとして開業しようとしている人に多い「特徴」についても、知っておいて頂いた方が良いでしょう。

実は、FPとして独立したいと考えている人の多くは、「ビジネスを立ち上げる為の知識が不十分である」ケースが多いのです。これは、FPが「生活者向けの専門家」である以上、仕方がない事なのかもしれません。

ですから、これからFPとして独立する人は、「自分もFPビジネスの立ち上げを甘く考えている可能性がある」と考えながら開業準備を進める事をお勧めします。

特に、「自分が提供するFPサービスは、皆が求めてくれるサービスである」と思い込んでしまう人が多い事は覚えておいて頂きたいと思います。

独立開業を成功させる為にFPが気をつけるべき事

立ち上げるFPビジネスが満たすべき条件

せっかくFPビジネスを立ち上げても、顧客が全く集まらず、すぐに事務所を閉鎖してしまうFPもいます。その一方、同じようなFPビジネスを立ち上げているのに、運営が順調なFPもいます。

良く誤解されているのですが、「FPとしての専門知識に秀でている人」がFPとして成功できる訳ではありません。

FPビジネスの成否を決めるのは、貴方の提供するFPサービスが「集客の仕組みがしっかりと出来ており、顧客を集められるかどうか」、そして、「顧客に納得して料金を支払って貰える内容が準備出来ているかどうか」です。

FPビジネスを成功させる為には、このような「ビジネスの仕組み」についての検討が大切なのです。

貴方自身に求められる条件

逆に、多くのFPが独立するにあたって不安に感じている「専門知識」や「スキル」については、それほど心配をする必要はありません。

勿論、顧客にサービスを提供する上で、一定のFP能力が求められる事は間違いありません。しかし、貴方に求められるのは、「貴方が提供するサービスで必要とされる知識やスキル」だけです。

「全てのFP分野についての深い知識」や「あらゆるFP相談に答えられる事」が求められる訳ではないのです。貴方が苦手とする範囲については、「他のFPと連携する」といった方法で対応する事も可能です。

ですから、仮に貴方が「専門知識」や「スキル」の面で自信がなかったとしても、多くの場合、開業までに準備は整える事は可能なのです。

ただし、その為には、前述のような「ビジネスの仕組み」についての検討を十分に行い、貴方が提供するサービスが十分に練られている必要があります。その点が不十分だと、「あらゆるFP相談に対応しないといけない為に、必要とされる知識やスキルも絞り込めない」という状態から抜け出せません。

FPビジネスの立ち上げに足りない能力の補い方

そして、FPビジネスの立ち上げには、FPとは異なった専門領域の知識が必要である事にも気付いて頂きたいと思います。

前述の通り、FPとして独立する人の多くは、ビジネスの立ち上げを得意とはしていません。

この為、「自分では、十分な価値のあるFPサービスである」と思ってFPビジネスを立ち上げたものの、「顧客からは認めて貰えず、商売としては成功しなかった」というケースが少なくないのです。

また、多くのFPは、「起業の為の手続き」についての知識も持ち合わせていません。そして、そのようなFPが起業しようとすると、起業の雑事に時間を取られ、前述のような重要なポイントについての準備が疎かになってしまう危険性があるのです。

ですから、もし、FPビジネスの立ち上げにおいて、「自分にはない知識や視点があった方が良さそうだ」と気付いた場合には、「起業の専門家」に相談する事を検討してみて下さい(当社でも、FPビジネスに詳しい担当者が相談を承っております)。

「FP業務のプロ」である貴方が生活者の悩みに答えられるように、「起業のプロ」は貴方の独立に関する悩みに答えてくれます。貴方に足りない所は、専門家に手伝って貰えば良いだけの事です。

相談する事をためらい、せっかくのFPとしての独立開業を失敗させるような事だけは避けるようにして下さい。

関連記事一覧